京都 風呂敷・和装小物の三陽商事|三陽商事株式会社

ふろしきについてABOUT FUROSHIKI

風呂敷やふくさの素材やサイズ、取扱い方、風呂敷の代表的な結び方や包み方を紹介しています。
また、風呂敷の様々な活用法を動画でもご覧いただけます。

サイズと用途

ふろしきのサイズは巾(はば)という単位で表します。
ハンカチサイズの小さなものから布団を包める大きさのものまでサイズはさまざま。
用途に適したサイズをお選びください。

中巾(45cm〜50cm)いわゆる小ふろしき。お弁当を包んだり、ランチョンマットにしたり、小物をラッピングするのに適しています。ふくさとしても使えるサイズ。

二巾(68cm)・二尺巾(75cm)一般的に贈り物を包む際によく使われるサイズ。菓子折りや進物をこのサイズの縮緬ふろしきで包むのが定番です。平包みやワイン包みにもよく使われます。

二四巾(90cm)・三巾(105cm)ワインはもちろん、一升瓶も包める大きさです。結ぶことでエコロジーなふろしきバッグにも。バランスの取れた普段使いしやすいサイズです。

118cmこちらも日常生活で使いやすい大判サイズ。ふろしきバッグはもちろん、テーブルクロスにしたりソファーにかけたりとインテリア用途でも役立ちます。

四巾(130cm)タンスの中の整理整頓に便利なサイズ。着物一式も包めます。座布団やクッションなら2〜3枚。大き目のテーブルクロスとしても。

五巾(175cm)収納やインテリアだけでなく、持ちにくい大きな箱や額などを安全に持ち運ぶ際に役立ちます。座布団なら5枚くらい包める大きさです。

六巾(200cm)布団一組を包めるビッグサイズ。ベッドのカバーや目隠し用カーテンとしても使えます。

※上記説明はあくまで目安です。素材によって前後します。

素材と取扱い方

ふろしき・ふくさに使われる代表的な素材は以下の4つです。
それぞれ異なる見た目や特性を持っていますので、好みや用途に合わせて上手に使い分けましょう。

絹(正絹)

最も格式が高く高級な素材で、美しい光沢と滑らかな質感が特徴です。三陽商事では正絹風呂敷に丹後ちりめんを使用しております。丹後ちりめんは京都北部の丹後地方で生産される高級絹織物で冠婚葬祭などの大切な行事、品物を包む時に使われます。

取扱いについて

お手入れはドライクリーニングでお願致します。アイロンは中温(140℃~160℃)であて布をしてください。

レーヨン

人絹とも呼ばれ、絹に近い特性を持った化繊です。絹と同じで丹後ちりめんを使用しております。特徴は絹の様な手触りと光沢が有りながら、絹より圧倒的に安価で気軽に使用できるという利点があります。

取扱いについて

お手入れはドライクリーニングでお願致します。アイロンは中温(140℃~160℃)であて布をしてください。

綿

丈夫で程良いかたさが有り、エコバックやテーブルクロス、クッションカバーなどインテリア雑貨として日常使いされています。汚れても洗濯機で洗えるので使いやすい素材です。厚手のものから薄手のものまで様々な生地タイプがあり、小ロットの別注にも適しています。

取扱いについて

洗濯機で丸洗い出来ますが、色落ちする事もあるので色物と分けて洗うのが良いでしょう。アイロンは高温(180℃~200℃)で使用してください。

ポリエステル

丈夫で軽くコンパクトにたためるので大変便利な素材として昨今脚光を浴びています。水を殆ど吸収せず丈夫なのでエコバックとしても良く使われます。主にちりめんやアムンゼン(梨地)、ブッチャーといった生地があります。

取扱いについて

洗濯機で丸洗いが出来ます。アイロンは中温(140℃~160℃)で使用してください。高温では溶けてしまうのでご注意ください。

基本の結び方・包み方

ふろしきの代表的な結び方と包み方をご紹介します。
この4種類を覚えておけば、ふろしきの基本はバッチリです。

真結び

風呂敷を結ぶときの基本の結び方です。結び目の美しさはもちろん、
滑りやすい素材でも、運んでいるうちにほどける心配がありません。

  • 1

    ふろしきの先端を持って交差させます。

  • 2

    上になったAに下のBを絡ませます。

  • 3

    Aの先端を下に傾け輪をつくり、奥野Bを上からかぶせて通します。

  • 4

    AとBを均等に引っ張ります。

  • 5

    ほどけないよう、しっかり結べば完成です。

ひとつ結び

布の先端を単独で結ぶだけのひとつ結び。結び目の位置を調整すれば、
ふろしき結びにバリエーションを加えることができます。

  • 1

    ふろしきの端で輪をつくり、先端をその輪の中に入れます。

  • 2

    輪から出てきた布端を引っ張って、できあがりです。

お使い包み(おすすめサイズ:フリー)

中央に結び目をつくったもっともスタンダードな包み方。
見た目が美しく、形も崩れにくいのであらゆる場面で活躍します。
持ち運びやすく、贈り物を包むのにもピッタリです。

  • 1

    ふろしきを裏にして広げ、その中央に箱をおきます。

  • 2

    Aを上にかぶせ、先端を箱の下に折り込みます。

  • 3

    Cを上にかぶせ、先端を箱の下に折り込みます。

  • 4

    左右の両端、BとDを箱の上で真結びにしてできあがりです。

平包み(おすすめサイズ:68〜75cm)

平包みはあらたまったときの贈り物などに用いられるもっとも品の高い包み方です。
シンプルな包み方なのでふろしきの表情がよく分かります。

  • 1

    ふろしきを裏にして広げ、その中央に箱をおきます。のし紙があるときは、頭を左にしておきます。

  • 2

    Aをかぶせ、先端を箱の下に折り込みます。

  • 3

    Bの先端を持ち、箱の角に添わせて上にかぶせます。

  • 4

    Dも同様に箱をかぶせ、布端がはみ出てしまったら、内側に折り込みます。

  • 5

    Cを上からかぶせ、左右を箱の幅に合わせれば完成です。

様々な活用法

ふろしきはシンプルながら非常に奥が深いアイテム。アイデア次第でどんどん使い方が広がります。
その一部を動画でご紹介します。

ドロップバッグ

簡単に作れるしずくの形のバッグおすすめサイズ:90〜118cm
Total Time 2:26

ペットボトル包み

レジャーにおすすめおすすめサイズ:45〜50cm
Total Time 1:09

バルーンバッグ

旅行や外出時のサブバッグとして大活躍おすすめサイズ:90〜118cm
Total Time 1:32

ティッシュカバー包み

おしゃれなインテリアに変身おすすめサイズ:45〜50cm
Total Time 1:21

お使い包み

大切な方への贈り物を包む時におすすめサイズ:フリー
Total Time 1:28